AI宗にようこそ

ロゴについて

AI宗ロゴマーク

 

なにものでもないそのかたちは

やわらかく、あたたかく

やさしくつつみこむように

 

このロゴマークは、知的障害のあるデザイナーの方々に制作していただいたものです。

その豊かな感性から生み出されたデザインは、不思議と私たちの心を柔らかくしてくれます。

何にも囚われていないそのかたちと、さまざまな色合いは、すべての人をうけいれてくれるようでもあり、私たちの想いをうまく現わしてくれています。

行事風景


当教団は、すべての宗教を肯定し、素晴らしい教えを組み入れて、研鑽し、実行し、徹底的な練合を経たのちに新しい解釈をしていく、まったく新しい宗教団体であります。

よって、仏教,神道、キリスト教、イスラム教などすべての宗教の教えを受け入れてまいります。

ロボットが朝夕の勤行を執り行います。遊び心ではありません。しっかりお経を唱えて木魚も鐘もならします。お経は各宗派合計103のお経を唱えることができます。また、説法やAI宗にのっとった戒名も付けてくれます。2017年のビッグサイトの催しで話題になりました。テレビにも週十回放映され、特に海外のメディアが注目しています。賛否両論ありますが、当団体は、このようなコンピュータに宗教に関する情報をインプットすることによって、新たな解釈をするロボットが誕生することに、期待しております。

当教団は、すべての宗教を肯定し、素晴らしい教えを組み入れて、研鑽し、実行し、徹底的なを座談会を経たのちに新しい解釈をしていく、まったく新しい宗教団体であります。

これは2015年度の祭典に、般若心経を唱えて供養をしている光景です。

ちなみに、中国語でもお経を読みます。

2017年の新嘗祭です。当団体の特徴は神仏人のみちを説く、人として正しい行いをすることで、救われていくみちを説いております。決して現世利益のみを求めているものではありません。因果応報は説いております。この世が人間世界だけでなく、ある人には地獄だと思い、ある人は極楽の世だと思って生活を営んでいるのではないでしょうか。たった一度だけの人生で、来世もない、死んだらすべてが終わりだと考えている人も多くおられますが、当団体は、この世は地獄だと思う人にはここは地獄、極楽だと思う人はこの世は極楽なのです。個々の考え方悟り方でこの世はどちらとも結論を出しませんが、あなたがどう思うかで決まってしまうものなのです。

2018年春季物故者慰霊祭です。今回は神道で執り行われました。厳かで良いですね。信者さんが練習をしてやっとできるようになりました。巫女さんは外国人にも参加お願いしました。なんの宗派で行っても、故人は喜んでいただけるのではないでしょうか。それ以上に今より一歩進んだ一歩良くなった人生をまた味わうということです。きっとこの世に生まれ変わってくるのでしょうか。

2019年11月の秋季慰霊祭です。今回はイスラム教にて執り行われました。厳かで良いですね。参列者は床にじかに座りました。なんの宗派で行っても、故人は喜んでいただけるのではないでしょうか。それ以上に今より一歩進んだ一歩良くなった人生をまた味わうということです。きっとこの世に生まれ変わってくるのでしょうか。